私たちはDTFプリントの安定稼働を実現し、お客様のビジネスを強力にサポートします。

ホーム 商品・サービス DTFプリンター製品案内

パイオテックが選ばれる理由

パイオテックが選ばれる理由

DTFプリントを安定稼働させるための知識とノウハウ、そして導入後のサポートが私たちがお客様に評価いただいている理由だと自負しております。

DTFプリントはウェアプリント業界のゲーム・チェンジを起こす存在になると言われており、この数年で一気に注目度が高まっています。一方で、現実としてはまだ歴史が浅く、導入後に機材の稼働が不安定だったり、トラブルが発生したといった話も耳にします。

私たちはDTFプリントのポテンシャルにいち早く気付き、安定稼働を実現させるべく、膨大な検証実験を繰り返してきました。そして、機材選定、システム構成、材料の組み合わせ等が重要な要素であることに辿り着きました。その蓄積した知見によって、お客様のDTFプリント導入から安定稼働まで一貫サポートしています。

パイオテックならこんなお悩みにもお答えできます。
DTFプリンターの導入から安定稼働までお任せください。

DTFプリンターのスペックを最大限に活かす方法は?

自己調達したフィルムやパウダーでは、なぜダメなの?

ランニングコストとそれ以外の間接コストは?

印刷スピードはどれくらい?

ヘッドストライキを回避、軽減する方法はないの?

シェーカー導入のメリットは?

吸煙機は絶対に必須? 吸煙しないとどうなるの?

自動式パウダー塗布機をなぜ扱わないの?

白色濃度や粒状感、グラデーションの濃淡、写真の印刷品質をどのように改善したの?

フィルム余白部へのパウダー付着は、どうやって防ぐの?

プリント面の突沸(ブツブツ)を解決する方法はあるの?

インク(黒)の跳ね返りや剥がれの解決策は?

転写紙、プリント面での「油分」の解消方法は?

洗濯耐久性は大丈夫?

独自の基準をクリアした安心・安定の製品をご提供しています

MADE IN JAPANの国産プリンター
インクはエコテックス(OEKO-TEX)を取得

  • 日本のプリンターメーカーが製造
  • DTFプリンターとシェーカー(オーブン)を最適化して提供
  • メディア(フィルム)・パウダーの最適な組合わせで品質確認
  • 機材と材料全てを一式トータルで提供
  • インクはエコテックス(OEKO-TEX)を取得しているため安心
  • 60㎝幅、75㎝幅、大型120㎝幅のラインナップ
MADE IN JAPANの国産プリンター

シェーカーはプリンターと連結してパウダーを塗布
パウダー塗布とベイキングを全自動化

コンパクトシェーカー
  • 60㎝幅、及び75㎝幅フイルム対応のDTFプリンターと連結
  • 一般的なシェーカーと比較してより軽量設計、小型の省スペースタイプ
コンパクトシェーカー
大型シェーカー
  • 120cmフイルムに対応した大型シェーカー
  • 大型DTFプリンター XPJ-1682Dと連結するハイスペックタイプ
大型シェーカー

パウダーは手動でフィルムに塗布
小型オーブンによる乾燥で省スペース加工

パイオテックがオーブンをお勧めする理由
  • 価格がシェーカーよりも格段に安価でコンパクト
  • シェーカーの電源は200Vだが、オーブンはA2でも100V
実はシェーカーがなくてもオーブンで十分な生産性
  • オーブン:日産200枚
PT-Jet オーブンA2

シェーカーやオーブンでのベーキング時に吸煙は必須

  • ベーキング処理では、インク乾燥時に煙(霧状)を発生させるため、吸煙機は必要
    ※吸煙しないと、吸煙されなかったガスが隙間から漏れて室内に出てしまい、霧がかかったような状態になります。状態次第では、火災報知器やスプリンクラーが作動するという事態になることもあります。
  • DTFフィルムでの転写シートの仕上がりにも影響する恐れがあり、シェーカーと吸煙機はセットで使用
PT-Jet 吸煙機

インクカートリッジと脱気済の真空アルミバッグ
ボトル注入式よりもトラブルが少ない

白インクがプリントヘッド目詰まり等の問題になる主な原因
  • インクボトルに注入したインクに空気が含まれるため
PT-Jetはインクカートリッジと脱気済の真空アルミバッグを採用
  • DTFプリンター向けに開発された新しいインク供給ツール
  • 「インク吐出不良」「白インクの目詰まり」を軽減
  • ボトル注入式よりもトラブルが大幅に緩和される
XPD-724 インクカートリッジ,XPJ-1682Dインクバッグ(白)に循環機能
Mimaki TxF150-75は、PHT50 熱転写顔料インクパックを採用
  • インクの包装形態にアルミパック設計を取り入れ
  • 脱気インク設計としたことで「インク吐出不良」を改善し、安定した出力を実現
TxF150-75 アルミパック設計のエコカートリッジインク,Mimaki PHT50 熱転写顔料インクパック(DTF専用インク)

インク・フイルム・パウダーの組合せが重要
DTFプリンター向けのフイルムとパウダー

DTF用に特別設計されたフイルム
  • フイルム幅は60㎝幅と75㎝幅
パウダーによって、風合いや強度が変わる
  • パウダーの使い分けで加工を最適化
DTFフィルム,DTFパウダー

インクの使用量を抑えた省エネ仕様

PT-Jetはバリュアブルドットでインクの吐出をコントロール
  • 一般的には吐出は大のみだがPT-Jetは吐出を大/中/小サイズに自動振り分けでインクコストが約3割ダウン
A3ランニングコストの一例

素材別印刷事例

サッカーボール

サッカーボール

【関連ページ】
【ブログ】色々なプリント素材を試してみました!
エナメルバッグ

エナメルバッグ

【関連ページ】
【ブログ】色々なプリント素材を試してみました!
専用ウェア(ライフジャケットの上に着用 ※ポリエステル素材)

専用ウェア(ライフジャケットの上に着用 ※ポリエステル素材)

【関連ページ】
設置事例(神奈川県、ヨットショップ・ヨットグッズ販売)
【ブログ】色々なプリント素材を試してみました!