ホーム DTFブログ 事例 【DTFプリントの用途提案】お名前シール編

【DTFプリントの用途提案】お名前シール編

DTFプリントで作るお名前シールのメリット

お子さんがいるご家庭では、特に活用される機会が多いアイロンプリントシートの「お名前シール」。

服や靴下、帽子、上履き、小物類などに、アイロンで名入れができる便利グッズです。

「お名前シール」は名前だけでなくイラストや写真も入れることができ、自分の持ち物だと認識しやすくなります。

今回は、このお名前シールをDTFプリントで作成することで、どのようなメリットがあるかご紹介いたします。

まず、今までですと、素材が濃色か淡色かによって、転写紙を使い分けたり、下地処理を行う必要がありましたが、DTFは白インクによって、濃色・淡色の素材に関係なくプリントが可能です。

CMYKでプリントした部分に白インクが乗っています。
白インクのおかげで、色が閉じ込められ、下地に影響されません。

しかも、プリントしたいイメージのみが素材に転写されるため、カッティングとリタックが不要です。

イメージ部分のみが転写フィルムにプリントされているので…
イメージ部分のみが素材に転写されました。

プリントしたい部分のみが素材に転写されるということは、素材を生かしたプリントが可能になります。
pngデータやaiデータで印刷処理が可能なので、トリミングデザインや透過画像も表現ができ、差別化した表現ができます。

背景が透過されたpngデータが、きちんと透過された状態でフィルムにプリントされています。

素材は、綿・ポリエステル・ナイロン他、様々な素材へプリントができます。
微細な印刷機能を有しているので、小さな文字や細かいデザインにも対応可能です。

素材の風合いが感じられるナチュラルな仕上がりに。
比較用の白背景バージョン。
<左>ボールの白い部分はインクが乗っていないので、タオルのふわふわとした質感を活かした表現ができています。
1mm以下の小さな泡(白い丸)もきちんとプリントできています。

また、お子さんの服に名入れする際は、防犯対策として服の内側にプリントが必要な場合もあるそうです。
DTFプリントは薄く、生地になじむ仕上がりなので、プリント部分が肌に触れても痛くなりにくいです。

伸縮性や耐久性も兼ね備えているので、何度も洗濯する服や肌着にも最適です。

洗濯堅牢度についてはこちらをご覧ください。

洋服のタグにもしっかりプリントできます。

そして、今までのプリント手法ですと、A4サイズやA3サイズの転写紙にイメージをプリントしていましたが、DTFプリントのメディアはロール状のフィルムなので、プリントサイズの自由度が大幅にアップします。

このように、DTFプリントで作るお名前シールは、嬉しいポイントがたくさんありますが、気になるのはコスト。

DTFプリントは、ランニングコストが安く、作業が少ないため、人手も最小限で済みます。

実は、DTFプリントは、他のどのプリント製法と比較しても低コストなのです。

DTFプリントで作るお名前シールのまとめ

最後にここまでご紹介した「DTFプリントで作るお名前シール」のポイントをまとめたいと思います。

【お名前アイロンシールの新製法】
・白インクによって、素材色(ウェアやグッズの色)の濃淡に関係なくプリント可能。
・カッティング不要・リタック不要で抜ける転写プリント。
・トリミングデザイン、及び透過画像の表現で差別化。※この手法は今後スタンダードとなる。
・白インク印刷(&パウダー)でダイレクト感のあるプリント仕上がり。
・綿・ポリ・ナイロン、他様々な素材へのプリントが可能。
・薄い仕上がりな上、伸縮性と耐久性を実現。
・微細な印刷機能を有し、小さな文字や細かいデザインも表現可能。
・ロールのメディアであるため、プリントサイズの自由度が大幅にアップ。
・ランニングコストが安く、人手も最小限で済んで、他の製法と比べても低コスト。

DTFプリントでのお名前シール製作にご興味をお持ちいただけたでしょうか?

弊社が毎月開催しているデモ会では、持ち込みのデータや素材にてサンプル作成も可能ですので、ぜひご参加ください。

▶デモ会のご紹介はこちら

デモ会の参加が難しい場合は、サンプル作成もさせていただきますので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

パイオテック株式会社について

トナー転写・昇華転写や溶剤インクジェット転写及びラバープリントを中心に、各種熱転写を創業以来、長年手がけてきた弊社が、DTFプリンターの販売をスタートしました。

弊社はウェアプリント用の機材・資材の専門業者であり、熱転写のプロならではの最適なアドバイスをさせて頂きます。

ウェアのプリント品質については、摩擦堅牢度・洗濯堅牢度、及びホルムアルデヒド(ホルマリン)の数値での品質判定が必要で、機種個々に検証と試験を行うことになります。

少なくとも弊社では、基準に達しない機種・資材は取り扱わない方針です。

特に、洗濯堅牢度に大きな影響を与える転写温度やプレス回数については、突き詰めた検証を行っております。

通常のプレス条件でボディにDTF転写するだけでなく、例えばプレス温度を100℃と極端に低くしたり、プレス回数を1回にしたりと各種条件で試したのち、100回洗濯して耐久性をチェックするなど、テストを繰り返し、それをお客様にフィードバックさせて頂きます。

そして弊社では、無製版&カス取り無しでフィルムにベタプリントしてDTF転写し、シルクスクリーン印刷やラバー転写と同じような仕上がりを再現しました。

よってシルクスクリーン印刷やラバー転写の代用も可能です。

また、ナイロン撥水布、エナメル、六面パネルの帽子、PU等の合成皮革、雨傘、目の粗いニット製品等、様々な素材へのDTF転写をトライし、細かなノウハウを積み上げ続けております。

今後も、品質向上とインクのコストダウン及び印刷速度のアップ等を追求してまいります。

DTF転写は新たな製法だからこそ、こうした細かい検証が重要になります。

弊社では、DTFプリンターを実際に見て・触れて・体験いただけるDTF専用ショールームをご用意しております。安心して新製法を導入したいというウェアプリント業者様は、ぜひ弊社にご相談ください。熱転写のプロならではの最適なアドバイスをさせていただきます。

最新のデモ会・内覧会情報はこちら

【無料進呈中】導入事例レポートPDF

DTF PRINTDTFプリント

ウェアプリント業界で話題のDTFプリンター(DTFプリント)。日本初の国産DTFプリンター「PT-Jet」や、各種DTFプリンターを取り扱っています。

VIEW DETAIL
Mimaki TxF150-75 導入前に抑えておきたい3つのポイント
ウェアプリント業界で話題のDTFプリンター