DTFプリンター & オーブン のご紹介

今回は【コンパクトプラン(DTFプリンター&オーブン)】をご紹介します。 プランについてはこちらの記事をご覧下さい。

DTFプリンター&オーブン シート製作工程

(1)画像をフィルムに印刷 ➡ (2)パウダー塗布 ➡ (3)ベイキング

(1)フィルムに印刷:DTFプリンター

画像をフィルムにCMYK+白(または、CMYK+LC・LM)で印刷します。

RIPソフトを使用することで、画像は印刷用のCMYK+白(または、CMYK+LC・LM)データに変換されます。

白インクとLC(ライトシアン)インク・LM(ライトマゼンタ)インクの違いについて
  • 白インク :濃色の素材へプリントする時に使用します。
  • LC/LMインク:白・淡色素材へプリントする時に使用します。白インクでも白・淡色素材へプリントはできますが、白や淡色の素材にプリントする時はデザイン部分を白インクで覆い隠す必要はありません。そのため白インクの代替としてLC(ライトシアン)インクとLM(ライトマゼンタ)インクを利用することで、インクの全消費量を抑え、パウダーの塗布に必要な機能とインク量を保ちますのでコストダウンできます。

以下の記事で白インク・LC/LMインクのコスト比較について詳しくご紹介しております。

(2)画像部分にパウダーを塗布:手作業

パウダー塗布は手作業で行います。

パウダーを適当な容器に入れ、スコップ等でフィルムにパウダーを全体的に行きわたらせて、余分なパウダーを落します。

(3)ベイキング:DTFオーブン

フィルムをA3サイズ相当にカットし、DTFオーブンにセットし120度・2分間ベイキングします。

なおオーブンは60cm×42cm A2サイズ商品も企画しております。

以上がシート製作工程となります。

以下の記事にて各工程の動画をご覧頂けます。

サイズ

プリンターとオーブンは別々の場所に置けるので、設置スペースを確保しやすいです。

DTFプリンターは置き型としても設置ができ、オプションのスタンドがあればキャスター付きなので移動も簡単にできます。

DTFプリンターの背部にインクが装着されていて、サイズ:(D)550mmは画像のようにインクが装着された状態の奥行となります。

背部のインク部分のみの奥行は約145mmとなります。

DTFオーブンは手前にトレイを引き出すタイプで、高さも155mmとコンパクトで使いやすい設計となっています。

環境条件

稼働時に必要な環境条件となります。

設置場所によっては外部ヒーター/加湿器が必要な場合がございます。

温度・湿度条件を守ることはトラブル防止に繋がる大切なポイントとなりますので、

温度・湿度計のご準備をお勧め致します。

DTFプリンターのPC環境について

PCの動作環境は「Windows 10  64bit  メモリ:8GB以上」です。

 ※Macintoshは非対応となります。

パイオテック株式会社について

トナー転写・昇華転写や溶剤インクジェット転写及びラバープリントを中心に、各種熱転写を創業以来、長年手がけてきた弊社が、DTFプリンターの販売をスタートしました。

弊社はウェアプリント用の機材・資材の専門業者であり、熱転写のプロならではの最適なアドバイスをさせて頂きます。

特に、洗濯堅牢度に大きな影響を与える転写温度やプレス回数については、突き詰めた検証を行っております。

通常のプレス条件でボディにDTF転写するだけでなく、例えばプレス温度を100℃と極端に低くしたり、プレス回数を1回にしたりと各種条件で試したのち、100回洗濯して耐久性をチェックするなど、テストを繰り返し、それをお客様にフィードバックさせて頂きます。

そして弊社では、無製版&カス取り無しでフィルムにベタプリントしてDTF転写し、シルクスクリーン印刷やラバー転写と同じような仕上がりを再現しました。

よってシルクスクリーン印刷やラバー転写の代用も可能です。

また、ナイロン撥水布、エナメル、六面パネルの帽子、PU等の合成皮革、雨傘、目の粗いニット製品等、様々な素材へのDTF転写をトライし、細かなノウハウを積み上げ続けております。

今後も、品質向上とインクのコストダウン及び印刷速度のアップ等を追求してまいります。

DTF転写は新たな製法だからこそ、こうした細かい検証が重要になります。安心して新製法を導入したいというウェアプリント業者様は、ぜひ弊社にご相談ください。

※記事中の機材は、企画中のものを含みます。随時情報を発信してまいりますが、導入をご検討の際は弊社営業に最新情報をご確認ください。
タイトルとURLをコピーしました