DTFプリントが圧倒的に優位!各種プリント手法、転写シートの比較

各種ウェアプリント用のプリント手法とその転写シートには、それぞれの特徴、注意点の違いがあります。

本記事では、各種プリント手法、転写シートの比較について解説いたします。

DTFプリント

DTFプリントでは、各工程を手間なく進められる上に、大量の転写シート(マーク)を高品質・低コストで製作出来ます。もちろん、小ロット対応も可能です。
フルカラーでありデザイン上の制約もなく、従来は避けていたようなデザインでもプリントが可能で、プリントの潜在的な需要を掘り起こすことになります。
DTFプリントが、全て同一シートで通用する点も大きな利点の一つです。

従来の代表的なプリント手法について

①シルクスクリーン印刷

1色ごとに製版が必要なため手間もかかる上に、小ロット/フルカラー対応が不可です。

②DTG(Direct to Garment)

濃色生地やポリエステル生地の場合は、「前処理剤と呼ばれる液体を塗布された生地」という条件がつきます。しかも、前処理剤の跡や匂いが残るため、そのケアが必要な場合があり、その分手間がかかります。

DTG-ガーメントプリンタを使いこなせていない利用者は、意外に多いのではないでしょうか?

③転写プリント/ラバーシート

カット/カス取り作業が必要なので、手間がかかります。素材の材質や色によってシートの種類や手法を変える必要があります。

高品質・低コストの追求!DTFプリントの特徴まとめ

《DTFプリントのメリット》

・版なし(無製版、版代不要)  ➡ コスト削減

・カス取り作業、リタック」なし ➡ 人手/手間の削減

・全自動で転写シート製作    ➡ 生産性アップとコストの大幅軽減

・フルカラーで自由なデザイン  ➡ 受注案件の対応範囲を拡大

・高度な技術や印刷知識は不要  ➡ 未経験でも新規事業の立上げが可能

・小ロットから量産まで対応   ➡ 受注層の拡大

・抜群の低コスパ        ➡ 価格競争に強い

《課題・改善の余地》

・更なる機材スペックの向上

・スピードアップ、安定性への改善課題の克服

 ※将来性はあるが新技術のため実績が乏しく、トラブルシューティングに時間がかかる場合があります。

「機材としての信頼性」を得られるように、研究と試行錯誤が必要です。

現時点では、地道に知見と経験を積み重ねて、育てていく設備ということです。

パイオテック株式会社について

トナー転写・昇華転写や溶剤インクジェット転写及びラバープリントを中心に、各種熱転写を創業以来、長年手がけてきた弊社が、DTFプリンターの販売をスタートしました。

弊社はウェアプリント用の機材・資材の専門業者であり、熱転写のプロならではの最適なアドバイスをさせて頂きます。

特に、洗濯堅牢度に大きな影響を与える転写温度やプレス回数については、突き詰めた検証を行っております。

通常のプレス条件でボディにDTF転写するだけでなく、例えばプレス温度を100℃と極端に低くしたり、プレス回数を1回にしたりと各種条件で試したのち、100回洗濯して耐久性をチェックするなど、テストを繰り返し、それをお客様にフィードバックさせて頂きます。

そして弊社では、無製版&カス取り無しでフィルムにベタプリントしてDTF転写し、シルクスクリーン印刷やラバー転写と同じような仕上がりを再現しました。

よってシルクスクリーン印刷やラバー転写の代用も可能です。

また、ナイロン撥水布、エナメル、六面パネルの帽子、PU等の合成皮革、雨傘、目の粗いニット製品等、様々な素材へのDTF転写をトライし、細かなノウハウを積み上げ続けております。

今後も、品質向上とインクのコストダウン及び印刷速度のアップ等を追求してまいります。

DTF転写は新たな製法だからこそ、こうした細かい検証が重要になります。安心して新製法を導入したいというウェアプリント業者様は、ぜひ弊社にご相談ください。

なお、現在もDTFプリンターの新機能を研究中で、近いうちにその成果のひとつを公開する予定です。

※記事中の機材は、企画中のものを含みます。随時情報を発信してまいりますが、導入をご検討の際は弊社営業に最新情報をご確認ください。
タイトルとURLをコピーしました