展示会レポート一覧

【営業レポート】

 営業担当:殖田大一

営業の殖田です。

6/5(金)~6(土)に福岡国際センターで開催された 2015九州印刷情報産業展・九州サイン&デザインディスプレィショウ に出展させて頂きました。

 

 昨年までは、印刷情報産業展のみでしたが、今年から九州サイン&デザインディスプレィショウとの同時開催となりました。その影響もあり、 印刷業だけでなく、看板業のお客様も沢山ご来場頂きました。

 

カッティング・プロッターを持っておられる場合が多い看板業の方には、サイン用メディアをウェア用ラバーシートに替えて、いつものようにカット、カス取りをした後、プレス機で数秒加圧するだけでプロ仕様のTシャツが出来てしまうという事に、大変興味を持って頂きました。とりわけ低温・短時間・1回プレスが特徴的な123フレックス・123プレミアムが注目を集めました。

 

またプレスする事で約5倍まで膨らむバブルアップ(発泡)シートや、最高のキラメキを持ち、色数も豊富なファイングリッターも同様に皆様の目をひいていました。

 

業種を問わず人気があったのは、昇華プリントシステムで、特に人気のマグカップは皆さん手にとって見ておられました。仕上がりの美しさだけでなく、10万前後の投資で必要な機材が揃う点と、加工の簡単さにインパクトがあったようです。

 

7/10(金)、11(土)の2日間 博多駅近くの会場にてプリント実演会(デモ会)を開催致します。

※詳細は弊社WEBサイトトップページのデモ会情報をご覧ください。

混雑した展示会場では、落ち着いてご説明出来なかった部分もございましたが、このデモ会にご参加頂ければ、不明な点をクリアーにして頂けます。皆様のご来場をお待ちしております。

【お客様の声】

『(昇華マグカップについて)導入コストも安いし、売り先も持っているので、これならすぐできそう。』(複写業 Y社 様)

 

『息子がウェアプリントをやりたがっているから、博多のデモ会は必ず参加します。』(印刷業 O社様)

 

『プロサッカーの試合会場の物販をやっているが、このマグカップなら毎回売れそうだ。』 (印刷業 G社様)


----

d4087fcf33f58c40f3cceb24438c2e00.mov

2014_Ÿ

https://www.youtube.com/watch?v=eDNel_mtTMY

2014PI

【営業レポート】

 営業担当:原 和宏

営業の原です。

 6/2(火)~3(水)に東京ビッグサイトで開催された「PHOTONEXT2015」に出展させて頂きました。

 

その名の通り、写真のプロ分野とビジネス分野の出展社が116社集結した写真関連に特化した展示会です。

今年で4度目の出展でしたが、他の展示会とは違って弊社の昇華転写システムを全面的にPR出来る展示会です。

プリント面の画質のクオリティと、昇華転写特有の仕上りの良さ、また初期導入費も安価という点から、

とてもご好評頂けました。

 

同じ設備を用いて様々なグッズに、一つからフルカラーのオリジナルプリントが可能です。

昇華転写プリント用グッズの品揃えも国内随一で、付加価値をつけて頂き易いアイテムを沢山ご準備しております。マグカップやコースター、フォトパネル、マウスパッド等、時代にあった高品質なアイテムばかりです。

随時アイテムを増やしていっておりますが、近々面白いアイテムが更に増える予定ですので、

既に昇華転写システムをご導入頂いているユーザー様もご期待下さい。

 

今回の展示会も毎度ご好評頂いております、デモ会(加工体験会)を行います。

 

 【 15PHOTONEXT デモ会の詳細はこちら 】

 

「もう少し詳しく話を聞いてみたい」

「実際に機械を自分たちで触ってみたい」

「どのようなプリントグッズがあるのか見てみたい」

「自分のデザイン/写真をプリントしたら、どのような仕上がりになるか見てみたい」

 

少しでも気になる方はお気軽にお問合せ下さい。

弊社スタッフが、お気の済むまでご説明致します。

【お客様の声】

『 これを実際に見たかったので、福島から来ました。』(写真店 T社 様)

『 ちょうど、マグカップを作成しないといけなかったし、自分で作れば今回の仕事だけで機材代がペイできるので購入します。』(雑貨店 K社 様)


----

d4087fcf33f58c40f3cceb24438c2e00.mov

2014_Ÿ

https://www.youtube.com/watch?v=eDNel_mtTMY

2014PI

【営業レポート】

 営業担当:殖田大一

営業の殖田です。

 5/14(木)~16(土)にインテックス大阪で開催された JP2015情報・印刷産業展 に出展させて頂きました。

 

 その名の通り印刷関連機材の総合展示会です。毎年出展させて頂いておりますが、印刷業を取り巻く環境の変化もあり、業界の方々は『差別化とは何か・・・』『収益に転嫁できる付加価値とは何か・・・』等、それぞれに課題を抱えておられ、今までにはない新しい道を模索しておられます。その懸命な姿勢をひしひしと感じたフェアでした。

 

今回も人気の昇華用マグカップの特別コーナーはお客様を引きつけ、人だかりが出来ていました。実際にこれらの商品は前年と比較するとかなりの伸びを見せています高品質・低コスト・豊富なバリエーションを意識した商品が、受け入れられております。

 

 メインのウェアプリントシステムの方に興味を示されたお客様も少なからずいらっしゃいました。デモ会は以下の通りの予定だったのですが、『もっと早く見に行きたい!スポットでやってもらえないか・・?』とのお声も頂き、急遽5/26にもデモ会を開催し、7社13名の来場がありました!いつもよりもハイペースです!!

 

ウェアプリント最盛期の6,7,8月に向けて弾みになる展示会になった事は、間違いありません!!  

 

6/10(木)、11(水)、12(金)の3日間 神戸本社にてプリント実演会(デモ会)を開催致します。

※詳細は弊社WEBサイトトップページのデモ会情報をご覧ください。

混雑した展示会場では、落ち着いてご説明出来なかった部分もございましたが、このデモ会にご参加頂ければ、不明な点をクリアーにして頂けます。皆様のご来場をお待ちしております。

【お客様の声】

『6月まで待てない。もっと早くデモ会やってもらえませんか・・・?』(印刷業 D社 様)

 

『印刷だけではなく、新しい事始めたいと思っていたんです。これは面白いので是非デモ会に行かせて頂きます。』(印刷業 K社様)

 

『今日は来て良かった!早速帰ってスタッフと検討します。』 (障がい者就労支援施設M社様)

※実際に直後に昇華マグカッププリントシステム一式ご注文頂きました。


----

d4087fcf33f58c40f3cceb24438c2e00.mov

2014_Ÿ

https://www.youtube.com/watch?v=eDNel_mtTMY

2014PI

【営業レポート】

営業担当:原 和宏

営業の原です。

 

 3月3日~ 6日の4日間、東京ビッグサイトにて第44回 店舗総合見本市 JAPAN SHOP 2015に出展致しました。

この展示会に出展するのは3年ぶりです。

 

店舗什器や設備、サイン・看板等にご興味をお持ちの来場者様が集う展示会ですが、

ここで弊社がご提案させて頂くのは、小ロットオリジナルプリントTシャツ/グッズの内製です。

 

ロットの小さいTシャツプリント/グッズ作成などは実は、内製が凄くお得です。

『 興味はあるけど、機械を買って自分で作成するなんて…。』というご意見も頂きますが、

そんな皆さんには是非ご紹介/ご案内させて頂きたいことがございます。

 

【 最新 デモ会 / 内覧会 情報はこちら 】

 

ご興味をお持ち頂けるお客様向けに神戸本社及び、東京営業所では加工体験説明会(デモ会)を実施しております。

 

是非、少しでもご興味をお持ち頂けますお客様はお気軽にお問合せ下さい。

 【 デモ会風景はこちら 】

【お客様の声】

『 この値段で、販促グッズを作成できる機材が揃うと思うと安いものですね。』

『 転写紙もすごい進化をしてるんですね。』(10年程前に転写内製経験ありのK社様)


----

d4087fcf33f58c40f3cceb24438c2e00.mov

2014_Ÿ

https://www.youtube.com/watch?v=eDNel_mtTMY

2014PI

【営業レポート】

 営業担当:殖田大一

営業の殖田です。

『1月は行く、2月は逃げる、3月は去る。』と言いますが、あっという間に毎日が過ぎますね!

年度末です。張り切って行きましょう!

 2/20(金)21(土)にインテックス大阪で開催された 2015大阪ミシンショー&ハンズフェスティバル に出展させて頂きました。こちらは ミシンメーカー・ミシン販売店が加盟する大阪府ミシン商業協同組合様の主催による、 西日本最大の工業用縫製機器を中心とした展示会です。

 

 来場者は縫製業や刺繍業の方が多く、数年前まではプリント=外注に出すもの というイメージを持っておられた方が多かったのですが、今回接客していて感じたのは、小ロットのプリント仕事でも細やかに対応できる必要性を皆さんが感じておられるという点でした。

 

今回もひと際皆さんの目を惹きつけていたは、昇華用マグカップです。他のブースでは、大型の昇華プリンターが何社か紹介されていましたが、弊社のブースでは、マグを中心としたグッズに特化した昇華転写システムを紹介させて頂き、他にはない可能性を感じて頂けたと思います。

 

 またメインのシステムであるレーザープリンターを用いたフルカラー画像転写プリントシステムも今回のお客様にはまだまだ目新しく感じてもらえたようで、プリントのデモンストレーションでも何度も複数のお客様が一斉に注目しておられました。

 

また来場者には比較的年齢の若い方も多くみられ、業界内での世代交代が進み、より新しい技術への関心が高まっていると感じました。前回の出展が2011年だったのですが、総来場者数はほとんど差がなかったものの、我々のブースにお越し頂いた来場者の数は、約1.5倍でした。今後も非常に楽しみな業界です!

 

3/12(木)、24(火)、25(水)の3日間 神戸本社にてプリント実演会(デモ会)を開催致します。

※詳細は弊社WEBサイトトップページのデモ会情報をご覧ください。

混雑した展示会場では、落ち着いてご説明出来なかった部分もございましたが、このデモ会にご参加頂ければ、不明な点をクリアーにして頂けます。皆様のご来場をお待ちしております。

【お客様の声】

『今までと同じ事をやっていても、売り上げは下がる一方だから、新しい何かを始めなければならない。このシステムは新事業になるわりには導入コストが安いので、検討しやすいですね。』(縫製業 N社 様)

 

『プリントがよそに頼むものと思い込んでいましたが、見させてもらって考え方が変わりました。内製も検討するべきですね。』(ユニフォームメーカー C社様)

 

『かなりいいものを見させてもらいました!デモ会は必ず行きます!』 (デザイン業 D社様)


----

d4087fcf33f58c40f3cceb24438c2e00.mov

2014_Ÿ

https://www.youtube.com/watch?v=eDNel_mtTMY

2014PI

【営業レポート】

営業の田上です。

今年から東京に活躍の場を移して頑張っていきます! 

2月4日(水)~6日(金)に東京ビックサイトで開催された第79回東京インターナショナル・ギフト・ショー春2015に出展しました。

 

『ギフト・ショーで会おう』を合言葉に開催された、今回のギフト・ショーでしたが、その合言葉通りに様々な業種のお客様と出会い、弊社を知ってもらうことが出来たと思います。

 

今回は昇華用マグカップを全面に押し出してPRさせて頂きました!!

特に反響が大きかったのは、業界初のトビキリ白度のあるスーパーホワイト V1価格競争力を持たせた拡販しやすい上級品プレミアム V1です。

その他にも、特殊プラスチック樹脂製の軽くて割れないポリマーマグやキャンプやアウトドアなどで活躍間違いなしのスチールマグ スモールなど新商品もラインナップしております。

また、様々な種類をお試しいただけるように、13種類20個セットのエスピー パッケージ V1もご用意しております。

 

しかもこれら全ては小箱が付いた状態で発送致しますので、別途小箱を用意する手間も費用も必要ありません。

この円安が進む状況ですが、価格を下げて精一杯頑張らせて頂いておりますのでどしどしご注文下さい。

 ご来場、ありがとうございました。 

【お客様の声】

『これだ!これだ!これを探していたんだ!!』

『買うつもりじゃなかったけど、これだけ安いと買ってしまった』

『最後にパイオテックを見つけられて良かった』

【営業レポート】

 営業担当:殖田大一

営業の殖田です。

ちょうどこの時期から春にかけて卒業・卒団の記念品需要が高まります!

パイオテックの低価格、簡単加工、高品質なオリジナルマグカップはいかがでしょうか・・・?

 

1/30(金)31(土)にまいどーむ大阪で開催された オーダーグッズビジネスショー大阪2015 に出展させて頂きました。この展示会はハンコ、スタンプ、印刷、ウェアプリント、SPグッズ等、加工ビジネスにまつわるメーカー、ディーラーが出展する専門性の高い内容です。

 

入口が二手に分かれており、ウェアプリントカテゴリー側から入って来られる方は既にウェアプリントをなんらかの方法でされているお客様がほとんどです。それだけに見る目も厳しく、質問の内容も高度なものが多かったです。ご経験者ばかりですので、課題とされているポイントはある程度絞られ、役立つ商品、提案したい商品の選別にそれほど時間はかかりません。

 

特にお客様が興味を示されたのは、新商品の123プレミアムです。

従来品である123フレックスの超低温・短時間・ワンプレスという特徴を維持しつつ、バックフィルムの粘着力がUPし、カス取り性能が一層よくなりました。さらに待望の戻し機能も新たにつきました。カラーバリエーションも9色から36色と豊富になり、ますます使いやすくなりました!

 

また溶剤インクジェット用のソル・ラバーも、速乾性能、微細なカットが可能という特徴があるため、無駄な乾燥時間や細かいデザインのカス取りに悩まされている方に注目を浴びていました!

 

しかし、なんといっても一番目立っていたのが、昇華用マグカップです!

商品ラインナップをリニューアルし、従来商品の改善点/ 問題点をベースに大幅に改良を加えた昇華用マグカップ類全15 種類を後継商品としてご紹介させて頂きました。白度にこだわったスーパーホワイトV1、驚きの安さで価格競争力を持たせたプレミアムV1などなど。それら全てに小箱がセットされているためわざわざ別で箱の購入の必要はなくなります。またお手軽なお試し用に13 種類 20 個がセットのエスピーパッケージもご用意しておりますので、お気軽にご注文下さい!

 

展示会限定で実施していたキャンペーンも大盛況でした。用意していたセット数も瞬く間に売れていき、最後は足りないかも・・と冷や汗ものでした。

 

2/24(火),2/25(水),3/12(木)の3日間 神戸本社にてプリント実演会(デモ会)を開催致します。

※詳細は弊社WEBサイトトップページのデモ会情報をご覧ください。

混雑した展示会場では、落ち着いてご説明出来なかった部分もございましたが、このデモ会にご参加頂ければ、不明な点をクリアーにして頂けます。皆様のご来場をお待ちしております。

【お客様の声】

『入っていきなりこんなにいいものあったら、後は回らなくてもいいね!』

『今までは何にも買わないから、冷やかしだと思っていたでしょう(笑)、これ(昇華システム)はすぐ買います。かなりお得だから。』(シルクスクリーン業 社様)

『(限定キャンペーンを見て)こんなに安いなら個人的に欲しいくらいだね。』 (社様)


----

d4087fcf33f58c40f3cceb24438c2e00.mov

2014_Ÿ

https://www.youtube.com/watch?v=eDNel_mtTMY

2014PI

【営業レポート】

 営業担当:泉 雄亮

営業の泉です。

9/26(金)~27(土)に池袋 サンシャインシティ文化会館で開催されたオーダーグッズビジネスショー2014に出展いたしました。

本展示会は2013年から展示会名称が「オーダーグッズビジネスショー」となりましたが、元々は『印章(はんこ)専門見本市』であったのが現在では、様々な加工ビジネスの展示会となっています。

その為、ご来場になるお客様は「加工ビジネス」に携わっておられる方がの割合が非常に多く「モノづくり」のプロの方が多いので、いつも以上に品質面や技術面の内容に言及されることも多くなります。

 

そんな中、好評をいただいております「123フレックス」が、

・カス取り時の「戻し機能」を付加

・大幅な増色を予定:全36色

※もちろん基本性能である超低温&3~5秒のワンプレスはそのままです。

「123プレミアム」としてリリースを予定しており、ご紹介をさせていただきました。

 

超低温(130℃~)/ワンプレスの3~5秒での作業完了は、プリント素材にも優しく仕上げることが出来ます。

『加工のプロ』の皆様にも、大変喜んでいただけました。

なかでも口をそろえて言っておられたのが、『プレス作業が簡素化されることで何よりの時間短縮になるのが作業現場としてありがたい』との反応が多数ありました。

 

昇華プリントも「マグカップ」をはじめ多種多様なアイテムに、皆様に関心を持っていただきました。

展示会場にてご紹介の「昇華キャンペーン」にも多数ご注文を頂き、ありがとうございました。

 

また、「第5回Tシャツ職人グランプリ」の優秀作品に、弊社材料が数多く使用されていました。

【お客様の声】

『123プレミアムの増色が待ち遠しい、1日でも早いリリースを!!』

(123フレックスを月に2-3ロール使用されている既存ユーザーA社様)

 

『こんなに手軽なのに、ここまでクオリティの高い仕上がりなら納得です』

(昇華キャンペーンを即決頂いた、既存ユーザーB社様)


----

d4087fcf33f58c40f3cceb24438c2e00.mov

2014_Ÿ

https://www.youtube.com/watch?v=eDNel_mtTMY

2014PI

【営業レポート】

 営業担当:殖田大一

営業の殖田です。
最近2,000円で子どものオリジナルTシャツを作りました。

エンドユーザーの立場に初めて立ちましたが、やっぱり嬉しいですね!!

9/25(木)~26(金)に東京ビッグサイトで開催された 52nd FISMA TOKYO(東京ファッション産業機器展) に初出展させて頂きました。本展示会は東京都ミシン商工業協同組合主催の工業用ミシン、家庭用ミシン、刺繍機等の縫製関連機器を中心とした内容です。

 

皆さんご商売柄プリントを見るのは全く初めて!というお客様はほとんどおられませんでした。

商品を見る目にも皆さん、違った視点を持っておられ、『こういった見方もあるのだな・・。』と感心させられました。縫製業、刺繍業のお客様が中心ではあったものの、特殊な帽子、ウェットスーツ、バッグ、革製品など具体的なアイテムを提示される方もいらっしゃったので、こちらが思っていたよりも広い業界をカバーしているとも感じました。

 

頂くご質問にも各業界毎のプロとしての拘りが感じられました。当たり前の事ですが、こういったプロのお客様に満足して頂けるような受け答えが出来るためには、こちらがプリントのプロでなければいけません。

 

自社のプリント手法だけでなく、様々な手法の特徴や実際に使用されておられる方の生の声を吸収し、自分の中で噛み砕いて、相手にわかり易く伝えていく必要があります。より自己研鑽が必要だという事を痛感しました。

 

同時に弊社のプリントシステムの魅力をきちんとお伝えできれば、必ず受け入れられるという感触も掴めました!

 

10月には神戸本社・東京営業所にてプリント実演会(デモ会)を開催致します。

※詳細は弊社WEBサイトトップページのデモ会情報をご覧ください。

ほぼ100%に近いユーザー様が過去に参加して頂いた、弊社の独自のカラーともいえる力の入った実演会です。

皆様のご来場をお待ちしております。

【お客様の声】

『(2.5万円のマグプレス機)この値段は初期不良対応以外、使い捨てでイケる値段だね。それくらい安い。』

(以前マグカッププレス機2台購入された既存ユーザーM社様)

 

『どの刺繍機よりもパイオテックの転写プリントが魅力的に感じた。』

(刺繍機目当てで来場されたG社様)

 

『マグカップはずっと気になっていたけど、この値段(2.5万円)なら始めてみます。』

(昇華でウェアのみ内製のM社様/マグカッププレス機1台購入)


----

d4087fcf33f58c40f3cceb24438c2e00.mov

2014_Ÿ

https://www.youtube.com/watch?v=eDNel_mtTMY

2014PI

【営業レポート】

 営業担当:三木 健二

営業の三木です。
実りの秋となりました。
弊社も9月の4つの出展で、お客様とたわわな実りを満喫したいと思います。

9/18(木)~20(土)に東京ビッグサイトで開催されたサイン&ディスプレイショー2014に出展しました。

こちらは日本最大のサイン業界向けの展示会(来場3万人)で、弊社も常連の展示会ですが、今年はお客様がフレッシュで元気が有り、営業マンとしてもお客様のリアクションが楽しく、とても楽しい接客ができました。

ちなみにサイン業界の方転写プリントウェア作りに欠かせないプロッターや、溶剤インクジェットプリンターもお持ちの方が多く、プレス機の導入だけで、オリジナルプリントウェア展開が可能な方も少なくありません。

その為でしょうか、会場でウェアプリント用プレス機複数台、多数のマグカッププリントシステムの現地成約を頂きました!誠にありがとうございます!!

さらに、まだ多数のお客さまにご関心をお寄せいただいております。

10/9(木)開催のデモ会ではより詳しい説明と、加工の体験を頂けるよう準備いたしております。
デモ会では具体的なシステムの説明やウェアプリントビジネスのサイン業界での導入例や実績等をご案内させて頂きます。奮ってのご参加をお待ちいたしておりますので宜しくお願い致します。

多数のご来場、誠にありがとうございました。

【お客様の声】

「一度見て、その後に会場を一巡りしている間に購入を決心しました。」(マグカッププレス機購入決定のS社様)

「初めて見ましたが、材料の品質はとても使い易くて作業が楽です。」(看板会社のA社様)

「ワクワクしてきました!」(印刷会社のS社様)

「ランクル売って購入資金を作ろうかな・・。」(看板会社のB社様)

「個人で始めようと思います。」(マグカッププレス機、プリンターをご検討のR社社員様)


----

d4087fcf33f58c40f3cceb24438c2e00.mov

2014_Ÿ

https://www.youtube.com/watch?v=eDNel_mtTMY

2014PI

【営業レポート】

 営業担当:原 和宏

営業の原です。
9月は東京で4つの展示会に出展します。

招待券が必要であればご用命下さい。

9月3日(水)~5日(金)に東京ビックサイトで開催された第78回東京インターナショナル・ギフト・ショー秋2014に出展しました。

春と秋に開催されるギフトショーは、他展示会と比較して多種多様な業種の方と商談できるので、弊社のシステムをいかに有効活用頂けるかを考え、その方に合った提案ができます。

毎回、個人的に楽しみにしている展示会です。

今回も様々な業種の方々に対して弊社熱転写システムをご提案させて頂きました。

感想としては、今年1番の手ごたえを感じています。

 

今回はこんな方々にお会いでき、ご提案させて頂きました。

◆ 従来よりTシャツをはじめとするオリジナルグッズ作成を始めたかった方。

◆ 過去にTシャツプリント内製、仕入れ業者選びで失敗経験のある方。

◆ 完全新規事業として検討頂ける方。

いずれの方々も弊社の熱転写へのこだわりと品質にご納得頂けたと思います。

 

展示会場だけではお伝えしきれない弊社熱転写システムの魅力がたくさんあります。

ご興味お持ち頂ける場合は是非デモ会にご参加下さい。

(過去のデモ会の様子は本ページの画面右側『最新のデモ会レポート』をご確認下さい。)

 

デモ会(加工体験会)は随時開催しておりますので、詳しくは弊社までお問合せ下さい。

【お客様の声】

『 25,000円でオリジナルマグカップが内製できるなら買うしかないでしょ。』(昇華プリンタを所持されており、マグカッププレス機購入決定のE社様)

『 展示会に良く出ている会社だなとずっと気になってはいたけど、初めてしっかり話を聞けてよかったです。』(デモ会参加予定のH社様)

『 持っているプリンタをそのまま使えてプレス機購入だけでTシャツができるなんて知らなかった。』(溶剤系プリンタ所持の印刷会社様)

『 説明が分かりやすく、デモ会に参加して購入したい。』(展示会翌日にデモ会参加FAXを受信したR社様)


----

d4087fcf33f58c40f3cceb24438c2e00.mov

2014_Ÿ

https://www.youtube.com/watch?v=eDNel_mtTMY

2014PI

【営業レポート】

販促グッズの外注先を探すつもりが、外注先になりませんかの提案に反応が全くない方もありましたが「導入コスト/クオリティ」を入り口に提案すると意外とよい反応がかえってきたように感じました。

小ロット/短納期への対応をいかにこなしていくかを、模索されているなかで弊社システムはPR出来たのではと思います。

来場者が昨年より約39%増加との事で、展示会で「勢い」のような熱気は感じました。

【お客様の声】

ウェアプリントをされている眞鍋さんですが、「昇華マグカップ」をご覧になって導入コスト/クオリティにびっくりされて、会場で即決でした。

本来なら「外注先」を探しての来場されたお客さんが「昇華プリントシステム」の導入コストを案内したところ、「それぐらいなら検討できる…」として接客できるケースが結構ありました。

販売/販促等、用途はいろいろですが「手元にもっておけたら面白い」と反応された方もいらっしゃいました。

【営業レポート】

7月9日(水)11日(金)に東京ビックサイトで開催された販促業界最大の商談専門展である第7回販促EXPOに出展しました。
販促業界最大の商談専門展ということもあり、会場は活気にあふれておりました。

今回、展示会での出展社の大半が来場したお客様にとっては販促/ノベルティグッズの"外注先"となる会社だと思います。

その中で、弊社はあくまでお客様に対して販促/ノベルティグッズの"自社内製"のご提案です。
・ ミニマムオーダーは1つから
・ 特殊な技術は不要
・ 内容の割には小さな設備投資

弊社の熱転写プリントシステムで、これまでとは違った目線で新たな販促/ノベルティグッズを作成してみては如何でしょうか。

多くの方のご来場、誠にありがとうございました。

【お客様の声】

『外注先を探していたんですが、内製すると、こんなに安く作成できるんですね。内製検討します。』(ノベルティグッズの外注先探索中の販促企業 様)

『マグカップを作る機械ってこんなに安いんですか。内製もありかもしれないですね。』(機械はちょっと…、と初めは内製を警戒していた販促企業 様)

【営業レポート】

展示会としての規模は小規模ながら、東北エリアのお客さんへのPRが出来た。接客中の反応が乏しく、「ノリ」の違いを感じました。「勢い」で昇華キャンペーン導入といった様子はなく慎重に検討したうえでとの反応が多いように感じました。

初めて見て頂くお客様も多いので、売上をしっかりと上げて来シーズンも出展できるようにデモ会へ誘致したいと思います。

【お客様の声】

東北地方での展示会が、かなり久しぶりということもありお客さんの大半が初めて見て頂く方だった。印刷業務の幅が広がる、外注しているものを内製に切り替えを考えたい等の前向きな意見が聞けた。

昇華システムの安さに驚いておられる方は、やはり多数おられた。

【営業レポート】

7月4日(金)5日(土)に仙台卸商センター「サンフェスタ」で開催されたSOPTECとうほく2014に出展しました。
弊社として経験値の少ない、東北地方での展示会でした。

神戸、東京を拠点にしている弊社としては東北地方はまだまだ未開拓の地です。
ご紹介させて頂いた際には弊社の熱転写プリントシステムのスピード感とクオリティに驚きを感じておられるお客様が多くいらっしゃいました。

おかげさまで両日とも弊社ブースには沢山のお客様にお越し頂く事ができました。
可能な限り、ご紹介はさせて頂きましたが、まだまだ会場ではご説明しきれないことがたくさんございます。

そこで弊社プリントシステムをより深くご理解頂くために、仙台での出張デモンストレーション(実演会)を開催することを決定致しました。
日程は7月31日と8月1日の2日間を予定しており、多くのお客様のご来場が予想されますので事前予約制とさせて頂いております。

ご来場頂いた皆様、また弊社プリントシステムにご興味をお持ち頂ける方は是非この機会にお越し下さい。

皆様のご来場をお待ちしております。

【お客様の声】

『この値段と品質で小ロット受注に対応できるようになるとすれば、新しい商売としてアリかも。』 (オフセット印刷メインの印刷業様)

【営業レポート】

今展示会の来場者数は昨年とほぼ変わらなかったのですが、ブースレイアウト/小間位置/スタッフの意気込み等により接客数増加の結果が得られました。お客様の反応はまずまずといった様子でしたので、今後のフォロー次第では昨年以上はもちろんですが良い成果を得られるのではと期待感の或る内容となりました。

展示会場で見受けられた内容としては、『インターネット写真販売』や『高付加価値アルバム:表紙をアクリル等特徴を付けてしまわずに飾れるアルバム』等が昨年同様多くありました。

中でも【1枚5円~】のインターネット写真販売業者は、旧来からの業者というわけではなく比較的に年数の若い企業も参入されているようです。 そのうち1社【しまうまプリントシステム株式会社】さんと商談中(デモ来社予定)なのですが、ヘビーユーザーを目指せるポテシャルを感じられた内容でした。

【お客様の声】

昇華用マグプレス機PT1-Aの価格を見て、『安すぎない!?』と驚きの声が多数ありました。
昇華グッズの出来栄えの良さに感心されるお客さんが、昇華用機材のコスト/構成/作業性を案内するとさらにびっくりされていました。
こんなに安くて・シンプルに出来るのなら『写真グッズ』の内製化を具体的に検討したいとの声もありました。

【営業レポート】

6月17日(火)18日(水)に東京ビックサイトで開催された日本で唯一最大スケールのフォト・ビジネスフェアであるPHOTONEXT2014に出展しました。
今回ご来場頂いたお客様の注目の的となっていたのは「昇華転写プリントシステム」でした。
マグカップやフォトパネル、スマホケースにオリジナルの写真やデザインをプリントできるシステムです。
写真関係のお客様が多い展示会でしたので、他の展示会以上にサンプルを手に取って見る視線はプロの厳しい目でしたが、とても良い評価を頂くことが出来ました。
「すごい綺麗だね。」
「これどうやって作ったの。」
「こんなの初めて見た。」

パイオテックでは手頃な価格(30,500円)のプリンタから、本格大型プリンタで出力したサンプルまでご用意しております。
また、プリント素材も豊富に準備しております。
弊社昇華転写システムがフォトビジネスの発展にお役に立てる日も近いのではと実感できた展示会でした。

多くの方のご来場、誠にありがとうございました。

【お客様の声】

『こんなに簡単に、これだけのクオリティのマグカップを作れるなんてすごいね。今までマグカップの取り扱いはしていなかったけど、これなら商売になる。値段も手ごろだし発注します。』 (写真スタジオ様/マグカップ転写システムご発注)

『「昇華プリンタ=よく目詰まりする」というイメージがあるけど、そこまで目詰まりしないという自信があるなら値段も値段だし試しに買ってみようかな。』 (昇華プリンタの目詰まりで苦い経験をお持ちの写真屋様)

『実際に見てみると、予想していたものより良かったので来て良かったです。もっと詳しい話を聞きたいので、実演会に参加します。』(弊社HPを見て来社されたネットプリント業者様)

『この仕上がりのクオリティは素晴らしい。加工依頼が出来るのであれば是非お願いしたい。』(EPSON昇華プリンタでの転写サンプルを見た写真家様)

【営業レポート】

6月11日(水)~13日(金)で開催されたサイン業界の展示会「SIGN EXPO 2014」に出展しました。
西日本で最もメジャーなサインの展示会に例年の出展ですが、今年はここ数年と違い、お客様の関心が高く、アテンドしたメンバーも大忙しでした。(十分対応しきれなかったお客様は申し訳ございません。後程しっかりフォローいたします。)
サイン業界の方はカッティングプロッターや転写プリントに使用できるプリンターを既にお持ちの方も多いので、その点もご案内させて頂き、手軽に始めて頂けそうなお客様も何件かいらっしゃいました。
プリントデモンストレーションのお客様の反応もかなり良く、新鮮なお客様の反応に触れることが出来ました。
展示会限定のPiotecTransのキャンペーンも初日から最終日まで順調に受注できました。(お客様コメントはそのうちの一件のお客様の物です。ありがとうございました。)
展示会後のフォローも今年は多くなりそうです。どんどん活用いただけるよう頑張ります。

【お客様の声】

「どうしよう。注文してしまいそうや・・。注文します。」(個人事業主様。マグカップ転写システムご発注)
「【粗利90%】のPOPは始め嘘だと思ったけど、説明を聞いて本当と知り驚きました。ちゃんと検討するように社に持ち帰ります。」(看板営業担当の方)
「ウェアや小物のオリジナルプリントのニーズと市場、それらのわが社への必要性の説明は非常によく解りました。」(看板会社代表者の方)
「今までちょくちょく言われて、いやいややってたけど、これやったらちゃんとやってみようか?」(看板個人事業主様)

【営業レポート】

九州で最もメジャーな印刷業界の展示会であり、弊社も2010年から毎年出展しております。
印刷会社を中心とした来場者の方に、オリジナルウェア/グッズプリントのビジネス展開を豊富な例とともにご案内しました。
紙の印刷業界には、オリジナルウェア/グッズプリントはビジネスとして場違いな感じを受ける方もいたのですが
・実際の売上金額帯 ・粗利率の高さ ・製品の完成度 ・加工や設備の手軽さ ・グラフィックデザイン作成力が生かせると有利なビジネスである
などの理由からブースに来られた多くの方に関心をお持ちいただきました。
現場での成約も3件あり、引き続き多くの商談を継続中です。
沢山のご来場ありがとうございました。

【営業レポート】

6月7日(金)8日(土)に博多で開催された九州印刷情報産業展に出展しました。
このフェアは、主に九州一円及び山口、沖縄の各県を対象にした、西日本一の規模を誇る総合印刷機材展です。

テーマは『九州の印刷は情報と産業のパラダイス!』

年間を通して九州で参加する唯一のフェアだけに、意気揚々と新ユニフォームで臨みました!

今回イチオシのPiotecTrans展示会限定キャンペーンの成果も上々!
皆さんから、驚きの声を頂きましたw(゚o゚)w

『加工もカンタンだし、値段も手ごろだね。』『これからはこういう商売が時代に合っている。』『とにかくいいもの見せてもらった。』・・・etc。

特に新製品『マグプレス機 PT1-A 』の価格はインパクトが強かったみたいです。

その他の商談も数多く継続中で、予想以上の成約が得られそうです。
2010年から毎年出展していますが、過去最高の接客数(前年比20%up)になり、このフェアは来場者だけでなく、パイオテックとっても『パラダイス』になりそうな予感が大です♪( ´▽`)

沢山のご来場ありがとうございました。

【お客様の声】

『加工もカンタンだし、値段も手ごろだね。』
『これからはこういう商売が時代に合っている。』
『とにかくいいもの見せてもらった。』

ページトップへ