展示会
2017年03月24日(金)~25日(土)
第49回2017大阪ミシンショー 展示会レポート

【営業レポート】

 営業担当:殖田大一

営業の殖田です。

3/24(金)~25(土)にインテックス大阪で開催されました、大阪ミシンショー に出展させて頂きました。こちらは ミシンメーカー・ミシン販売店が加盟する大阪府ミシン商業協同組合様の主催による、 西日本最大の工業用縫製機器を中心とした展示会です。

今回は時期が年度末に差しかかっていたためか、メインとなる縫製業・刺繍業の方はいつもより少なく感じました。やはり学販関係のお仕事をされておられる業者様からするとこのタイミングでの外出は厳しかったようです・・・。

ただ、来場者数は前回よりも20%UPしており、今までとは違う業種のお客様に見て頂けるチャンスはありました。特に、興味を持って頂けたのがブース前面に押し出しておりましたマグカップをはじめとした昇華転写用ノベルティグッズです。他のブースでは大型昇華プリンター紹介されていましたが、弊社の昇華転写システムのキーワードは『小型』『低価格』『カンタン加工』です。

・「トイプレスP1」35,000円
・「マグプレス機PT1-B」25,000円
・「昇華ジェルジェットプリンターSG400」30,500円

全部揃えても10万円未満。ちょっとした机の上に乗ってしまうほど省スペース。これらがあれば、気軽にマグカップ、コースター、マウスパッド、フォトパネル等の昇華ノベルティグッズの加工をスタート出来ます。


またメインのシステムであるレーザープリンターを用いたフルカラー画像転写プリントシステムも「プリントは外注が当たり前」というお客様の先入観を覆す反応を頂きました。日々の業務で外部委託されており、「この場合、内製ならいくらくらい?」と具体的な数字を交えたやりとりが出来るので、より鮮明にイメージして頂けるのもこの業界の特徴です。


来年は従来の2月下旬開催に戻るようですし、より期待が持てるフェアになりそうです。

貴重なお時間を頂きましてありがとうございました。

【お客様の声】

『内製化がこんなにもシンプルだとは思ってもみなかった!』 (ユニフォーム業 M社様)
※ウェアプリントシステム導入決定

『この低価格でプリントできるのは商売に繋がる。自社製品にも問題なくプリント出来そう。』 (タオル商社 I社様)
※ウェアプリントシステム/昇華プリントシステム 導入決定

『シルクへ外注を当たり前に考えていたけど、今後は内製検討の必要性を感じました。』(縫製業 S社様)


----

d4087fcf33f58c40f3cceb24438c2e00.mov

2014_Ÿ

https://www.youtube.com/watch?v=eDNel_mtTMY

2014PI

ページトップへ